投稿

4月, 2014の投稿を表示しています

【IT Topics】AWSはじめました。

Amazon Web Services(Link:AWS)
Amazon Web Services(AWS)とは、Amazon.com により提供される各種遠隔コンピューティングサービス(ウェブサービス)である。
2002年7月に公開され、Amazon Web Services は他のウェブサイトやクライアントサイドアプリケーションに対しオンラインサービスを提供している。これらのサービスの多くはエンドユーザに直接公開されているものではなく、他の開発者が使用可能な機能を提供するものである。
Amazon Web Services の各種サービスはHTTPを通じ、REST プロトコルおよび SOAP プロトコルを使用してアクセスされる。費用は実際の使用量に応じて決定される。
Wikipediaより引用 これで何が出来るかっていうと、まあレンタルサーバみたいな物です。
ファイルサーバだったり、メールサーバーだったり、ウェブアプリケーションだったりする訳です。
具体的にはファイルアップローダーとか、グループメールとかメールマガジンだったり。。。
ということでAWSでクラウドコンピューティングをしようと計画しております。
計画しております!!
今のところ、完全に計画だけです!!!

なにをどうするかは、まだまだ何も決めていません。
何かやりたい人がいたら、一緒にやりましょう。
アイディア出してください。
ボクがガリガリコーディングします。
運営費はボク持ちです。
※ただし知人に限る

ちなみに、AWSって従量課金制らしく、使った分だけ使用料を払うシステムみたいです。
例えば、WebServerを何時立ち上げていたとか、DBServerに何回Query投げたとか、つまりはそういうことです。
ライセンス料込みでOracleが使えるってのは凄いと思いました。

そういえばAdobeのCreativeCloudって言うのも月ごとの課金制でグループワーク使用が出来るそうな。
こっちもVIPアカウント作ってみようかな。
Creative系の内職がしたい人はボクが出資するので、誰か使いたい人がいたら連絡ください。

というなんかサークルみたいな物やれたらいいなぁ、なんて考えています。

っていってもお金がかかりますよね。。。
Donateしてくれ!!
とは言いませんが、こういう動きに共感してくれた人は、左に…

【Blog】乾電池と感電死

イメージ
ギター、特にエレキギターをやっていると9vの乾電池を使う場面がいっぱいあります。
ちなみにこんなヤツです。

別に東芝の回し者ではなりません。
適当にネットから写真を拾ってきただけです。
ついでに言うと著作権に付いても知りません。

とにもかくにも、こいつの端子に両方触れても感電なんてしません。
所詮9vですよ。
人体に感電なんて起きようが無いのです。

でも、感電死って結構怖いですよね。
漏電とか起こったら自分のみにも降り掛かるのかなぁ。。。

どんな物でも閾値ってものが存在していますが、自分の脳みその許容量ってどうなっているんだろう。
CPUみたいにフル稼働して使用率が人間の生存ギリギリの閾値を超えることってあるのかなぁ。
人間の脳みそは普段20%も使ってないとか言いますよね。
ボクの脳みそって10%も使ってるのかなぁ。
なんか無駄なことを記憶してすぐに思い出せたりするのですが、それってあんまり普段頭を使って無いから何じゃないかと思ったりする訳ですよ。
例えば、四畳半のワンルームと東京ドームじゃどっちが物をなくしたときに探しやすいかって話しです。

今日、家に置いてあった9v電池を頭に押し当てて感電ごっこをしていたpiroshiなのでした。
頭を刺激させたら脳みそ活性しそうじゃ無いですか。
それに、髪の毛も生えてきそう!

おやすみなさい。

【Business】採用活動

友人達に配りまくっている採用基準と言う本があります。


別にこの本に書かれていることが誰にとってもすばらしいとは思いませんが、ちょっとは考えておいて欲しいと考えています。
ボクは結構感銘を受けました。
というか自分の考えていたことと凄く近いので、自信がついた気がします。
ただ、2014年度 新入社員 春の意識調査を見てると、今年の新入社員は起業したくないし、海外にも行きたくない、給与は年功序列がいいっていう完全な保守的思考みたいです。
ボクは常々、保守的思考は人間を腐らせると思っていると、このブログで書いたり友人達に言っている気がします。
今の若い子から見ると、もしかしてボクは古い人間になって来たと言うことでしょうか?
頭の凝り固まった老害にはなりたくないと思っていましたが、別の角度から見るともうそうなっているのかもしれませんね。
こわいこわい。

そもそも日本の企業って人材育成しないよなぁと思う時があります。
上司に求められるロールって管理や決断したり責任を持つだけでなく、教育もあるはずなのに、ちゃんと教育について取り組んでる人が少ないような気がします。
教育せずに物事を進める人って人の上に立つ必要ないよね。
そういう人は特定技能職みたいなポジションで働いてたら良いのに。
管理に特化した人とか、状況判断して決断する人とか。下の人間を教育しない人が上に立つ必要は無いと思う訳です。

なんでこんなことを書いてるかと言うと、今IT業界は人材不足だそうで技術者に即戦力になることを求めすぎているなぁ、と感じたからです。
即戦力を求めるのって「自分たちには教育する能力・余力がありません」と言っているような気がするんですが。
でも、中途で採用するってことは即戦力になれよってことも包含してるんですよね。
むずかしいなぁ。
まあ、企業は今すぐ教育に力を入れろと言ってもいびつな教育方法になるのでそれはそれで問題だと思いますけど。

そもそも新卒とか既卒とかそういった区切りをなくせば良いのに。
新卒採用されなかったらもう良い会社に就職できないとかそういう環境をどうにかしたいなぁ。。。

【Sport】山登りしたいなぁ

ボクの趣味といえば、
・旅行
・料理
・山登り
の三つですが、その中でも山登りは若干ハードルが高いです。

なんでハードルが高いかと言うと、
・足が無い
・準備が大変
なのです。

足が無いのはまあ電車やバスを使えば良いのですが、準備が大変なのです。
計画立てて休みの日を狙って山に向かう、なんて言うのはちょっと他の予定が変更したらもうグダグダになってしまう訳です。
とグダグダ理由を付けていますが、行きたくなったら行けば良い。
ただそれだけだと思う訳です。
今度の休日にどこかの山にでも登ってみようと思います。
ボクはアルピニストと呼ばれたいのです。
と思っていたのですが、昨日友人との見に行って「あぁ、フジロック行きたいなぁ」と思った訳です。

そういえば実家に帰ったさいに側の公園に行ったのですが、とっても新緑が綺麗でした。
肌寒さも感じなくなって来たので、これからいっそう活動的な季節になりますね。
おやすみなさい。

【Blog】しつこい。しつっこい。

しつこ・い
[形][文]しつこ・し[ク]
1 色・味・においなどが濃厚すぎて、後に残る感じである。くどい。「脂が多くて―・い味」
2 物事にこだわって煩わしい感じである。また、つきまとってうるさい。執念深い。「―・く追いまわす」「―・い男」
[派生]しつこさ[名]
goo辞書より引用
ボクのしつこさにはみんな手を焼きます。(と思う)
めんどくさがってボクの前から逃げ出しちゃう人も多かったりします。
まあ、ボクがしつこいのはこだわり癖があるのと、気になることを放っておけばいからなのは認識しています。
しつこいと執念深いは前述した言葉の定義から同じだそうですが、しつこいというより執念深いと言う方がマイナスイメージが強くないですか?
気のせいですかね。
でも執念深いの方がかたっくるしい感じがしますし。

とにもかくにも、ボクはしつこい人間なのです。
でもそのしつっこさが逆に良いように働くことだってあるのです。
きっと。
世間一般の基準から見て、人には良いところと悪いところがあり思いますが、悪いところも見方を変えれば良い結果を出すことだってあるのです。
馬鹿と鋏は使いよう、みたいな。
それも個性の一つ。
でも、自分自身の「ここが良い!」と思っているところは自信をもってアピールすべきだし、逆にそれが出来ないのは自己分析が足りてない証拠なのでは?と思う訳です。

そんなこんなで今日は上司と人事考課的なことをやりました。
ちなみに、3〜4ヶ月後にはボクの下に人(部下?)が付くことになりそうです。
ボクは良い先輩(上司?)になれるのでしょうか?
フラフラして自分勝手に生きて来たボクですが、ついに「すーぱーばいざー」について真剣に考えなくてはならない時が来たみたいです。
「さらば、アドリア海の自由と放埓の日々よ、って訳だ」

おやすみなさい。

【News】東大よりも医学部

東大より医学部をめざす受験生たち 合格後悩んで退学するケースも

かく言う私も医学部志望だった訳ですが、まあそんなことは置いておいて、最近は医学部を目指す人が増えているようです。
個人的に、というかここ数年ずっと思っていたのですが、研究職に就くならいざ知らず臨床医って悪いところの処置をするだけで結局何も産み出さないわけですよね。
医者が増えて医学が進めばそりゃ平均寿命は伸びるかもしれないし、健康的な人が増えるかもしれませんが、世界を変えられるかもしれない優秀な人材が場当たり的な対処をするだけの存在になってしまうことに危機感を覚える訳です。
上のリンク先でも言ってましたが、昔は「医者」になりたい人が医学部を志望していたけど、いまや安定を求めて「医師免許」をとりたい人たちが群がっているって構図らしいです。
ボクも人助けがしたかったから医者になりたいなーなんて漠然と思っていた訳で、結局学力が足らなかったから医者にはなれなかった訳です。
優秀な人材がこぞって安定を求める風潮が本当に怖い。
日本にいる人間がどんどん安定を求めていくと、結果として社会は競争力がなくなりどんどん不安定になるのでは?と思う訳です。
なんか以前にもこんな記事書いたな。(【Blog】安定は、絶望です。

若いうちは社会の歯車なんかにならずに、どんどん冒険していけば良いと思う訳ですよ。ボクは。
毎日毎日おんなじことの繰り返しの仕事を若者にやらせるのはよくないよなー、とボクは思う訳です。
多感な時期こそ色々経験しないといけないのに。
こういう安定志向って結局両親が植え付けているんですかね?
だったらボクはこのブログを見ている子供を持った人、これから親になる人に言いたい。
「本当に子供の将来を考えるなら安定志向なんて持たせずに、どんな世の中でも力強く生きていけるたくましい子に育てて欲しい。」
というか、これから日本もヤバい状況になってくると思う訳です。
そんな中でも一人の人間としてたくましく戦っていける方が、安定思考に飲まれたクズ共よりも人間として安定していると思う訳です。
汚い言葉が出ましたね。失礼しました。

とにもかくにも、優秀な人材には地域や国や新しい何かを作っていく側の人間になって欲しい。
と切に願う piroshiなのでした。

【Blog】アリとキリギリス

童話のアリとキリギリス。
働き者のアリと怠け者のキリギリス。
結局成功するのはアリさんって言う話しです。皆さんご存知ですよね。
最近ふと思ったのですが、この童話ってキリギリスさんはずっと遊んで暮らしていて最初の頃はハッピーって描写があるけど、ぶっちゃけずっと遊んでたら全然面白くないよね。
というか、そんな暮らししてたらどんどん怠惰な生活になっていくような気がします。感情とかの起伏も無くなりそう。
アリさんの方はいろんなことを活発に行ってるから刺激がいっぱいあって飽きない楽しい人生をおくれているような気がするのです。
ということは、アリさんはずっと楽しいし、キリギリスさんはどんどん人生がつまらなくなっていく。
キリギリスさんは「貯蓄がー」とか「食べ物がー」とか言い始める前に人生について真剣に悩むんじゃないでしょうか?
「こんなつまらない人生で良いのかー」
みたいな。
いや、怠惰な生活を送っていたらそれすら考えられなくなっているような気がします。
つまりは、アリさんは人生ずっと勝ち組で、キリギリスさんはうつ病で何も生み出さないニートじゃないですか。
もはや比べるまでもないですよね・・・

ボクは頑張ってる人、前向きな人が大好きです。
そういう人は応援したくなります。
見ているだけで幸せな気分になります。
せめてボクの周りにいる人はキリギリスさんになって欲しくないものです。

と言うお話でした。
みんな頑張ってねー。

【Blog】今更ですが、消費税が上がりましたね。

消費税が上がりました。
でもボクの家の側の自動販売機はまだ150円です。
人通りの多いところに行くと160円みたいです。
きっと月末にはボクの家の側の自販機も160円になっちゃうんでしょう。
ボクは税金が上がっても別に文句は言わないです。
むしろ、消費税辺りはもう少し上がっておかないと社会構造に無理がきてしまうような気がします。
法人税はもう少し低くした方が企業活動は活発になるかもしれませんね。
でもこの辺りは詳しくないのでよくわかりません。

今月から物・サービスの値段が上がったので財布の中のお金の減りが早くなった気がします。
でもまあ今月は仕事で忙しくて一万円以上の買い物をしていないし、外食もほとんどしていないのでもしかするともう少し後に凄く実感するかもしれません。

今回8%に上がりましたが、一万円の物買ったとしても300円くらいしか差がないんですよね。
社会人ならあんまり気にしなくて良いレベルのような気がします。
スタバのコーヒーいっぱい我慢すれば、ってスタバも値上げしたんですよね。

お金を持ってる人でバンバン高い買い物をする人は結構出費がかさみそうです。
と言うことは消費税の微増は中流層にとってそこまで大きな問題ではないのかな・・・?

とにもかくにもこのままいけば来年には10%になるし、お店で働いてる人とか、経理のお仕事している人はまた大変ですね。
頑張ってください。
ボクも仕事に関係あるっちゃある。消費増税。
ちなみに、先月捨ててしまった領収書を再発行してもらい経費精算できましたが、「3月の経費を計上するときに課税区分を5%にしないとその期間の残業代・経費は受付ないんだからね!」と給与課からメールが来ました。
こあいこあい。

【Blog】メディアリテラシーとジャーナリズム

イメージ
父親はジャーナリストだったんですが、昔は取材でその筋のヒトから町中を追いかけ回されたり嫌がらせを受けたり色々と嫌な想いをしたらしい。
っていうのを楽しそうに語っているのを見て、「あぁ流石ボクの父親だ。Mの血が流れとる」と思ったり思わなかったり。

小学生の頃の話しです。今でもはっきりと覚えているのですが、授業で下の写真をみせられました。

先生からこの写真を見て、ジャーナリストはこの写真を撮るべきだったのかそれとも少女を助けるべきだったのかという議論をやりました。
クラスの中でただ一人ボクは「写真を撮るべきだった」と答え、クラス中、先生すら敵に回したのを覚えています。
みんな子供だったので、みんな平気で罵詈雑言をボクに浴びせてました。
冷たい人間だ、とか、人としてこんな状況を撮るなんて間違っている。とか。
家に帰ってその話しをしたときに父曰く「真実を伝えて社会を動かすのがジャーナリストの仕事だ。彼はその為に現場にいるのだから写真を撮らなかったらそれこそ社会に対しての背信行為だ。」と言っていました。
(子供のときに話してくれたことなので、もうすかしわかりやすい言葉でしたが。)

正直、ボクにはジャーナリズムと言う物がよくわかりません。
海外の大学ではジャーナリズムを勉強できる大学があるそうですが、今の日本にはちゃんとジャーナリズムを学んだジャーナリストは少ないように感じます。
ちょっと前に書いたブログの記事でも触れましたが、低俗な叩きをする文章を平気で書いたり、自分の意見をはっきり言わずお茶を濁して深入りしなかったり。そういう人たちがマスコミで報道をしている現実がなんだか悲しく思えます。
日本のマスコミにメディアリテラシーが欠落しているからバイアスのかかった低俗な情報を垂れ流す報道しか出来ていないのだと思う訳です。
よくネットなどで「新聞やテレビが報道できないタブー」なんて物を目にする機会がありますが、それすら低きに流れるバイアスがかかっていて幻滅する訳です。

そのマスコミにいた父親も同じ穴の狢なのかな。
まあ、子供の前では理想論を語りたくなっちゃいますよね。
おかげで変な人間に育ちましたが。

先月の11日頃に東日本大震災の報道特集をやっていましたが、津波に巻き込まれる人たちが写るタイミングでカメラを別の方向に向けるのはジャーナリスト的にまずい気がしました。
BBCとかじ…

【Blog】来年の桜

今年は桜を見に行けませんでした。
仕事が4月に繁忙期に入るのと、先週の土日に雨が降ってめんどくさくなったからです。
ちなみに、今京都に住んでますが、先週の日曜に京都府知事選挙があったので行って来たのですが、行きは晴れてたのに帰りは土砂降りでびちょびちょになりました。
ちょっとっ天気を恨んでます。

なので、今年は桜を完全に諦めたのです。
といっても仕事のお昼休みとかに桜並木の所を散歩したりはしましたが。

ボクの今後の状況が読めない、判断できない時期なので、へたしたら京都で春を過ごすのはこれが最後になるかもしれないわけです。
そうなったら雨でも行っておいたら良かったかなぁ、と思う訳です。

来年はどこにいて、どこの桜を見ることが出来るのでしょうか。
東京か別の地方か。
海外の桜とかも見に行きたいですね。

京都は良い街です。
まだまだ住んでいたい訳なのです。
それに、職場の人間関係や業務内容にも恵まれているのです。
まあ、成長を考えたら他のところに行った方が良いこともあると思いますが。
という雑感でした。
おやすみなさい。

【IT Topics】サヨナラXP。。

4月9日の16時をもってXPがMicrosoftを追い出されたそうです。
ボクとXPの出会いは自分のお金で初めて買ったパソコン(今はSONYの元を離れたVAIO)でした。
ちなみに初めてのパソコンは父親から譲ってもらったWindows3.1で中学生くらいの時です。

仕事で初めて使ったOSはWindows Meでした。
Meってなに?ミレニアムだっけ?
その後は2000使ってたし、XPになったのもここ数年のような気がします。
それにしても時代は移り変わり、今では職場でWindows7使ってますからね。

ちなみに、ボクの中ではこの時代の移り変わりとかは早いのか遅いのかよくわかりません。
でも、いつかは何でも古くなる訳で、いつかはそれがヴィンテージとか古典とか骨董品とか言われるようになるのでしょう。

なんかXPの思い出を語ろうと思ったのですが、そんなに思い出がありませんでした。
ちなみに、Mac使いだからと言う訳でもありません。
ボクはOSX 10.3(Panther)からのMacユーザで、それ以降、10.5(Leopard)意外は全て使っている感じです。
でも、やっぱり思い出がありませんでした。
10.4(Tiger)でダッシュボードが出て来た時は興奮したような気がしますが、今ではダッシュボードとかレガシー機能ですよね。
まだ使っている人いるのでしょうか?
ボクはカレンダー見る時と、単位換算するときにしか使いません。

で、XPでしたね。
まあ、この流れの中で感想を言うとすると「おつかれさま」程度しか出てきません。
というわけで、仕事でXP使っていて、端末がスタンドアローンではない人はすぐに窓から投げ捨てましょう。
こういうセキュリティに対する危機意識の無さは危険です。
最近の話しではOpenSSLとか酷いですよね。
全て丸見えとか・・・

おやすみなさい。

【Blog】ガチで疲れた。

お久しぶりです。
最近、いろんなことがありました。いろんな考えさせられることがありました。
嬉しいことが大半を占めてますが、やるせない気分になることもあります。
なんか、「しょーもな」とか思っちゃうこともあるのです。
例えば、とある研究機関の女性研究者の問題とか、外野がうるさすぎてビビりますね。
本当に悪いことしちゃったのなら、そりゃ悪いし、そうでないのならそうでないんだろうし。
何れにしても、彼女を徹底的に叩く人たちと、そんな彼らをシニカルに切り捨てたり人格否定する人たち。

どっちも滅びてしまえば良いのに!!
めざわりなんだよー!!

ボクもこういう意見を発信している段階で、彼らと同じ穴の狢であることくらい自覚しています。
ただ、ネガティブな言い争いをして価値観を押し付けあっている彼らを見ると滑稽だなぁ、と思ってしまう訳ですよ。
生き方なんて人それぞれだから理解してあげれば良いだけだし、悪いことしたのなら規則や法に従って粛々と処理すれば良いだけのような気がします。

ボクの人生にとって今のところ彼女はどうでもいい人だし、別に同情はしていませんが、「研究する」と言うことに対していい問題提起をしてくれたように思います。
この経験を生かしてもっとポジティブな活動を始めたら良いのに。
と思う訳ですが、陰湿な日本人には難しいのかもしれませんね。
だから話題もネガティブなことばかりになるんでしょうね。
間違いや失敗したことを槍玉に挙げてばかり。
もっと素敵なお話がしたいのです。
「次はこうしたら良くなるよね!」とか。
日本全体に蔓延しているこの変な空気はどこかに行って欲しい訳です。

ボクは「今年の桜も綺麗だったねー」とか「新生活たのしいねー」とかさ、そういう素敵なお話がしたいんですよ。
ネチネチ粘着する日本の叩き方は嫌いなのです。
折角素敵な陽気になってきたんだし、これを見てくれている人は、明日にでも同僚や友人や家族にニコニコしながら素敵なお話をして欲しいと思う訳です。
ネチネチ粘着したくないのでもうこの話しはしません。はい、やめ。おやすみなさい。