【Blog】日本の旧正月、いつからなくなった?

旧正月(きゅうしょうがつ)は、旧暦の正月(年初)。旧暦元日(旧暦1月1日)、またはそれから始まる数日間のこと。ここでの旧暦とは、中国(清)・日本・朝鮮半島・ベトナムでかつて使われていた、中国暦およびその変種のことである。
Wikipediaより引用
正直、旧正月とか祝ったことが無いので全然イメージがわかないんですが、他のアジアの国々は旧正月を祝っているみたいですね。
うちの会社のメールで「旧正月おめでとうございます!」なんていうメールが来たので、「そういえばそんな風習があったな」みたいに思い出しました。

アメリカでは、元々Chinese New Yearって呼ばれていたみたいですが、他のアジアの国々から批判が来たのか最近ではAsian Lunar New Yearって言ってるみたいです。
言い換えられるようになったのはそんなに昔じゃないみたいですね。
オバマさんも旧正月おめでとうって会見かなにかで言ったみたいです。

日本もアジアの国なので普通に旧正月を祝っても良いような気がするのですが、祝わないですよね?
なんで?
と思って調べてみたら、明治6年に太陰暦からグレゴリオ暦に移行したことに由来するそうです。
太陰暦は閏年に一年の月が12から13に変わるそうで、明治6年は閏年なので月給が13ヶ月分になるのですが、それを回避したいが為明治政府が強引にグレゴリオ暦に移行したんだとか。
こういう説がありますが、なんか腑に落ちません。
そもそも月給制でひと月の給料をが12/13倍にすれば済むし、そもそもの予算を13ヶ月分で取っておけば良いし、お金がなかったとしても粛々とひとつきひとつきを過ごせばいいだけじゃ?

だから、この明治政府お金がなかった説をもっとしっかり説明してくれないと納得できませんね。
まだ、明治政府の西欧化政策の一環です!と言ってくれた方が納得できます。

そんなわけで、旧正月おめでとうございます。

コメント

このブログの人気の投稿

【Guitar】ムスタングを改造しよう!その2(ピックアップの交換)【Fender Japan MG73/CO】

【機材レビュー】Fulltone / OCD

【Guitar】ギター買いました。Fender Japan MG73/CO