【Blog】IT業界大丈夫?

「特定労働者派遣」制度が廃止へ
特定労働者派遣とは
労働者が派遣先企業に派遣されることを前提に、派遣元企業(派遣会社)の社員として入社する就業形態です。 労働者は派遣会社に雇用されているので、安定した収入を得られます。常用型派遣とも呼ばれています。
つまり、特定労働者派遣とは労働者が人材派遣会社に正社員として雇用され、派遣先にて派遣労働をするということです。一般に、一般労働者派遣に比べて、派遣期間が長いことが多いです。
前職は完全に特定労働者派遣やってる会社でしたね。
こういうことやってたから、ボコボコ会社が出来て人材売買が跋扈していた訳ですが、これで企業の開発単価が削減できていた訳ですし。
逆に今後はもう少し単価が高くなっていくってことですかね。
そもそもIT企業って競争の為に単価を下げて自分で自分の首を絞めてたような気がしない訳でもないので、これで是正されるのであれば良いかも知れませんね。
とにもかくにも、特定労働者派遣がなくなれば多くの会社が潰れるか、それとも抜け道を探すか、業界のありようを抜本的に改革するかの選択に迫られることになりそうですね。
いや、もうやってるのか?

コメント

このブログの人気の投稿

【Guitar】ムスタングを改造しよう!その2(ピックアップの交換)【Fender Japan MG73/CO】

【機材レビュー】Fulltone / OCD

【Guitar】ギター買いました。Fender Japan MG73/CO