【Movie】映画産業やばいの?

週末、実家に帰って来たので家の側にある大っきいシネコンでレイトショーでも観ようかとおもい行ってきました。
映画館に行ってビックリしたのが、ガラガラ。
早めにチケットを買おうと思って夕方に行ったのに全然人がいません。
しかも土曜のくせに上映している映画がすくない。
たしか先週くらいから上映が始まった47RONINとか、お昼の1回しか一日で上映していないみたいです。(字幕・吹き替え含め)
レイトショーとかそのシネコンで上映している本数の半分もいってないんじゃないでしょうか?
本当にビックリしました。
最近は映画館離れとか良く耳にしましたけど、ほんとにこんな惨状なんですね。
一応気を取り直してゼロ・グラビティでも観ようかと思ったのに、字幕はレイトショーやっていませんでした。
「吹き替え3Dのみレイトショーで公開しています。」と言われたので泣く泣く今回は観るのを見送ることにしました。
それにしても本当に酷いですね。
なんでここまで客足が遠のいたのか。
レンタルビデオ店も赤字経営のようです。
最近ではネットでオンデマンド配信とか良く聞くようになりましたが、ブロードバンドが普及してかなりの人が自宅でどこにも出かけず映画を楽しめるようになったからでしょうか?
ボクは、日本の映画料金が高いのと、邦画がテレビドラマの延長線上にあったり、狙いすぎたサブカル臭い芸術作品を撮りすぎているせいだと思う訳です。
もっと手頃に娯楽性の高い映画でしか楽しめないような作品を作って欲しいものです。
出演者も役者が少なく、どちらかというとアイドルなんかが片手間に出ているようなことも多いですよね。
うーん。。。
ボクの地元には映画学校があったり、毎年映画祭が開かれるので、この現状が悲しい限りです。

コメント

このブログの人気の投稿

【Guitar】ムスタングを改造しよう!その2(ピックアップの交換)【Fender Japan MG73/CO】

【機材レビュー】Fulltone / OCD

【Guitar】ギター買いました。Fender Japan MG73/CO