【Game Review】Rocksmith 2014 その2

機能の記事(【Game】Rocksmith 2014)に引き続き今日もRocksmith 2014の話しです。

プレイしていていくつか気がついたことが阿多ので今回はレビューみたいな感じです。
ちなみに今のところプレイ時間3時間ほどです。
プレイした楽曲
R.E.M / Losing My Religion
Weezer / Say It Ain't So
System of a Down / Hypnotize
Bush / Machinhead
どいつもこいつも大好きな曲ばっかりです。

プレイしてみた感想としては音が本当に良い。
CDと一緒に演奏しているような感じです。
また、最初は本当に簡単なフレーズなんですが、それを数秒進むと自動的にスキルレベルを判別してくれてどんどん難しくなってくる。
やり慣れた曲(例えばSay It Ain't Soとか)だと曲の最後くらいになると普通のレベルにまで到達します。
しかも難しいポイントは何度も繰り返して、かつテンポを落として練習が出来る。
他にも分かりやすいレッスン・講義が付いてくる。レベルが高くなるとジャズなんかのレッスンもあるので凄いですね。

本当に、これで遊んでるだけで普通に凄いプレイヤーになれそうです。
もうギター講師は廃業するんじゃないかってレベル。
もう、周りで「ギターがうまくなりたいんです!」って言ってる人には「これ買え!」って言ってしまいますね。
最速の上達法は伊達じゃなかった・・・

他にも自分でサウンドメイクできたりオンラインセッションが出来たりします。が、ここら辺はまだまだ改善の余地ありですね。
トーンデザイナーというアンプやエフェクターを自由に組み合わせできるモードがあるのですが、使い勝手が良くないですね。
まあボクの場合、Amplitubeなんかと比較してしまっているのでちょっと申し訳ない気がしますが。。。

とにかく、ギター好きには本当にオススメできるゲームです。

コメント

このブログの人気の投稿

【Guitar】ムスタングを改造しよう!その2(ピックアップの交換)【Fender Japan MG73/CO】

【機材レビュー】Fulltone / OCD

【Guitar】ギター買いました。Fender Japan MG73/CO