【Movie Review】風立ちぬ


帰省したので昨晩レイトショーで映画を見てきました。
見た映画は今更ながら風立ちぬです。
とりあえず、レビューしておきます。
かつて、日本で戦争があった。
大正から昭和へ、1920年代の日本は、不景気と貧乏、病気、そして大震災と、
まことに生きるのに辛い時代だった。
そして、日本は戦争へ突入していった。当時の若者たちは、そんな時代をどう生きたのか?
イタリアのカプローニへの時空を超えた尊敬と友情、
後に神話と化した零戦の誕生、
薄幸の少女菜穂子との出会いと別れ。
この映画は、実在の人物、堀越二郎の半生を描く――
正直なところ、この映画は何が伝えたかったのか全く分かりませんでした。
戦争が背景にある映画にありがちな、悪を叩いたり戦争の悲惨さを訴えたり、そんな中でも必至に生きている人たちの話しとかそんなものは一切ありません。
あるのは、二郎はこういう人間だ、二郎がどこそこに行った、二郎が何かをした、二郎の周りにいる人たちはこんな人だ、という説明描写だけです。
ストーリーはあるようで全くありません。
プロットが一応「二郎、飛行機を作る」なので、ある程度飛行機作りで成功を収めたところを終着点にしているくらいです。

また、二郎の夢のシーンが結構頻繁に挿入されるのですが、人によっては難解かもしれません。
取り敢えず、「二郎」という一人の人間を書きたかっただけなのでしょう。
言ってしまえば誰でも良いのです。
この映画に出ている黒川でも本庄でも、同じような構成で話しを書けば成り立ってしまう。
二郎にとってスペシャルなストーリーが妻の病ぐらいですからね。
しかもそれですらさらっと通り過ぎてしまった感があります。
下手をすれば「ラーメン二郎の店長が語る成功の軌跡」というドキュメンタリー映画と同じレベル感です。

マジで2時間盗まれた感覚に陥りました。
ここまでジブリも落ちたか、と残念な気分になりましたよ。
まだコクリコ坂からのほうが良い映画だから手に負えない。

ネットを徘徊してレビューを見てると、「二郎の男尊女卑が酷い!」とか「二郎は人の気持ちがわからない人だ!」とか言う批判が目立ちますが、そもそもこの映画をやる必要があったのかどうかが謎。
誰もそこには突っ込まないのね。
内容以前の問題だと思いますよ、ボクは。
一昨日のサッカー日本代表とセルビア代表の試合であったスタンコビッチの引退セレモニーのように、宮崎駿を引退させる為だけの作品として捉えれば意味はあったのかもしれません。
取り敢えず、まあ、そんな映画でしたよ。

唯一良いと思ったところは、昭和初期の生活風習や人々の生き方がほんの少しだけ垣間見ることが出来た、くらいですかね。
後はクオリティの高いジブリの動く絵を2時間見たい人向けです。
オススメは、しません。
ジブリ好きとして、この映画を見に行ったことを激しく後悔しました。

Movie Review
chartPlextortion
ストーリー:1
演出・構成:1
演技:1
美術・音楽・特殊効果:7
オススメ:1












コメント

このブログの人気の投稿

【Guitar】ムスタングを改造しよう!その2(ピックアップの交換)【Fender Japan MG73/CO】

【機材レビュー】Fulltone / OCD

【Guitar】ギター買いました。Fender Japan MG73/CO