【Blog】楽(らく)≠楽(たの)しい

なんかどうしようもない事が異常に気になる時があるボク。
子供の頃からとっても気になっていたこと。
「楽(らく)」と「楽(たの)しい」って漢字が一緒だけど、なんか意味合いが違うような気がする。
ボクにとって楽をする事は全然楽しい事じゃないし。
仕事はいつも楽をするにはどうしたら良いか考えてるし、おかげさまでどこの職場に行っても事務処理的な仕事はかなり早くこなせるようになっている気がします。
それに、楽しい事って辛い事や難しい事を乗り切った後の充足感に似ているような気がするんだよね。
そうなると、なぜ同じ漢字を使っているのだろうか・・・

「楽」って言う漢字の成り立ちは、音楽で人を楽しませるところから来ているそうです。
???
楽するってじゃあどういうこと?
音楽で人を楽させるってこと?

そう考えてみると、「音楽を時の権力者に聞かせて自分の地位を確立し、肉体労働をせずに楽に生きてく」ってことなんだろうか?
おぉ、そう考えてみると納得だわ。
なるほどなるほど。
そう考えると学生の時に思っていた「音楽で飯を食う!」って言う願望は「楽して生きたい!」って言ってたのと同じか。
くわばらくわばら。

コメント

このブログの人気の投稿

【Guitar】ムスタングを改造しよう!その2(ピックアップの交換)【Fender Japan MG73/CO】

【Guitar】ギター買いました。Fender Japan MG73/CO

【機材レビュー】Fulltone / OCD