【Blog】ろはす?ロハス。LOHAS!!

ロハス
LOHAS(ロハス、ローハス)とはLifestyles Of Health And Sustainability (健康と持続可能性の、またこれを重視するライフスタイル)の略。健康や環境問題に関心の高い人々のライフスタイルを営利活動に結びつけるために生み出されたマーケティング用語である。
1998年にアメリカ合衆国で造語され、日本では2004年頃からライフスタイルを表現する言葉として注目されたが、現在は定義が曖昧なバズワードの一つとして扱われている。定義の曖昧さを逆手に取りエコロジカルなイメージを商品やビジネスに関連付けるために用いられることも少なくない。
Wikipediaより
Lo・Ha・S!!
Lo・Ha・S!!
Lo・Ha・S!!
Lo・Ha・S!!

よくわかりませんが取り敢えず吠えてみました。

ロ ハ ス ! !

Wikipediaを見て分かったのはオーガニック的な人たちが儲ける為に作り出した言葉ってことですね。わかりました。

この言葉を知って思ったのは、とっても現代的だという事。現代だからこそ産まれた言葉。
こんな事を意識して生活していかなきゃならないほど健康や環境問題が頭から抜け落ちてるのか。
むしろこんな言葉に踊らされている人はちょっと立ち止まって欲しい。

例えば健康。
健康について持続可能な、もしくは重視した生活をしていない人がいるのだろうか。
まぁ、世の中には体重が何百キロにもなってベッドから動けなくなってしまう人もいますが、誰もが多少は健康について意識しているはず。

環境に付いても同様で、排ガスや騒音だらけの場所で生活したい人は多分ほとんどいないと思います。
まぁ、世の中には家賃を安く上げたいからキツい場所で生活している人もいるでしょうが、誰もが多少は環境について意識しているはず。

このロハスってのがマーケティング用語って言うのがミソで、健康食品、エコ商品、美容業界が消費者の危機感を煽って、業界にお金を落とさせようと躍起になっている証拠ですよね。
今や、このオーガニック的な業界が飽和してしまった証拠でしょうね。
以前は、健康やエコロジーを意識した人ならこんな用語が無くても、その手の業界にお金を落とすし、ちょっと位いかがわしくても目を瞑ってくれていたでしょう。
それが、現在は健康食品なんてネットで調べると腐るほど出てくる訳だし、美容なんて効能が分からないいかがわしいものにべらぼうな値段がついていたり。しかもそれについてネットで調べると、論文も論拠も全くない、どこの誰が調べたのかも分からない、まさに得体の知れない情報がボコボコ出てくる訳ですし。
消費者は煽られてどんどん危機感を持つけど結局どれが良いのか分からねーよ状態なわけです。
このタイミングで「ロ ハ ス ! ロ ハ ス !」と叫べば、消費者は「あわわ、どうしよう。。。うーん、よく分からないけど、、、これだ!! ポチッ」って言う感じでお金を落としてくれる訳ですね。
すごいなー、よく考えられてるなー。
ただ、個人的にこういうのは詐欺師の所行だと思う訳です。

ロハスは、シンプルな生活を目指すものではありません。
ロハスは、自然に立ち返る生活を薦めるものではありません。
ロハスは、環境活動を率先して実行するよう促すものでもありません。

ロハスとは、健康的な生活をし、環境問題に取り組む為必要となるものを消費させる為の言葉です。
だから、皆さんもロハス的なお金の使い方をしましょう!
(お金を使うのは経済が回るので大歓迎です。)

コメント

このブログの人気の投稿

【Guitar】ムスタングを改造しよう!その2(ピックアップの交換)【Fender Japan MG73/CO】

【Guitar】ギター買いました。Fender Japan MG73/CO

【機材レビュー】Fulltone / OCD