【Blog】サービス残業前提のサービス。

サービス残業を前提にサービスを提供していてそれが当たり前の職場があるよね。
労働法的にサービス残業はやったらダメだから、企業がこれをなくすには三つの方法があると思うんだ。
  1. サービス残業を無くして残業代を付ける。
  2. 残業をなくす。文字通り一切させない。
  3. 残業なんて発生していないとシラを切り通す。厚生労働省なんて知ったことか!

まず、1を実行すると、企業の利益率が減るかもね。場合によってはサービス単価を上げて料金が上がってしまうかも。
競合他社がサービス料金を落とさない以上、結局こっちも身を切って血みどろの戦いをしないといけないよね。
残業代を付ける為に給料を下げたりしたら非難囂々だしね。

次に、2を実行すると、サービスの品質が著しく下がったり、利用したいときに利用できない可能性があるかも。
競合他社が営業時間を変えなかったりサービス品質を落とさない以上、結局こっちも同じ土俵に立たないといけないよね。
人を増やしたりしたら、また人件費がかかって大変だしね。

最後に、厚生労働省と仁義泣き戦いをしたら一発でブラック企業のリストに載っちゃうからね。
わざわざ競合他社に塩を送るひつよなんて無いしね。
下手したら新人が入らなかったり、有能な社員が逃げ出したり大変だよね。

だから、もう一つの方法として他社とカルテルを結んじゃう方が良いと思うの。


なんでこんな話しをしてるかって言うと、日本人はサービスに対してお金を払うのが嫌いなんだなと思いました。
とこの間までタイに行って気がついたのです。
空港の待合所でぼけーとしてたら、おっちゃんが「タイ人はサービス精神が無い」とか「チップを払わないとにこりともしない」みたいな事を言ってました。
根底には"お客様は神様です"精神があるんだろうな、と思った訳です。
神様だから商品に対して金額を払うけど、その間のおもてなしは当然するよね?っていう上から目線が凄いんだと思う。
もういい加減、この"お客様は神様です"は日本から消え去って欲しい。
それって横柄な屑野郎神様を野放しにしているだけじゃん。
で、結局そんなクソッタレの神様も自分らが相手をしなくてはならない神様に対して過度なサービスをして精神を病んでしまうという負の連鎖。

で、提案。
もうあれだ、日本のあらゆる事の料金を上げてしまおう。
それでみんな幸せになる。(一時的に)
きっと海外の安い労働力や生産力にめためたにされてしまうでしょうけど。
人間は対等。そこに人種も性別も宗教も無い訳です。無駄でいらない神様を作り出してしまったこのにっちもさっちもいかない社会が行き着く先は、疲弊したサービスマンが首をつる社会なんでしょう。
くわばらくわばら。

日本の2012年の自殺者2万7858人
去年はそれまでに比べて自殺者数が大幅に減ったようですが、それが天災の所為か経済が好転したからかは調べる人の勇気がないと分からないでしょうね。
日本人はなんでもかんでも不謹慎言うからなー。
それと、経済が好転したからってのはきっと無いんでしょうね。
毎朝共産党議員が街頭で「自民党政権になって経済が好転したと感じた一般市民はほぼ皆無です!!」って大声で言ってるから。
はぁ、ほんと悲しくなるわこの国。。。

コメント

このブログの人気の投稿

【Guitar】ムスタングを改造しよう!その2(ピックアップの交換)【Fender Japan MG73/CO】

【機材レビュー】Fulltone / OCD

【Guitar】ギター買いました。Fender Japan MG73/CO