【Monthly】六月は心変わりのシーズン

ジューンブライドがヨーロッパで長く語り継がれてきたのには諸説あるそうです。

  1. 6月(June)が結婚をつかさどる女神の名前から取っている事からそれにあやかっているという説
  2. 3〜5月が結婚禁止で6月から解禁される為、4ヶ月分の需要が一気に来るため結婚シーズンになった説
  3. ヨーロッパで6月は降雨量が少なく陽気がいい日に祝福したいという説

3番については日本と事情が正反対ですね。
日本人は西欧の文化に感化されやすい、所謂西洋かぶれになりやすい気質の人が多いので、ジューンブライドも縁もゆかりもないのにもてはやしているんでしょう。
正直ボクは6月に結婚するのを素直にオススメできません。

なぜなら6月、梅雨の時期の花と言えば、そう紫陽花
紫陽花の花言葉は

  • 浮気
  • 移り気
  • 無情

中には「辛抱強い愛情」なんてのもありますが、ほとんどがネガティブです。
こんな花の前で誓い合った夫婦はあんまりいい結果にはなりそうにないですよね。
というか、今日結婚式場の前を通りかかり、紫陽花の前で記念撮影をしている新郎新婦を見たのでちょっと残念な気分になりました。
無理矢理西洋の文化を日本に適用しようとするからおかしな事になるんでしょうね。

結婚するにあたってやれ「大安」だ、やれ「ハレの日」だ、日程がどうだ、縁起担ぎをしろだ、なんだかんだ言う割にこういう事に意外と無頓着なのが気になります。
日本で結婚式するなら3〜5月とか9月辺りの方がいい天気で楽しいと思いますよ。
ボクは移り気せず仕事を一生懸命やろうと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

【Guitar】ムスタングを改造しよう!その2(ピックアップの交換)【Fender Japan MG73/CO】

【機材レビュー】Fulltone / OCD

【Guitar】ギター買いました。Fender Japan MG73/CO