【Blog】境遇とアイディア

多分、ほとんどの人が知らないであろう映画「未来は今」
主演はティム・ロビンス。
彼の代表作はショーシャンクの空にミスティック・リバー
ちなみに公開は1994年。ショーシャンクの空にと同じ年です。
完全にショーシャンクの空にの陰に隠れてしまい、本当に知名度が無い映画です。

内容はコメディです。

物語の舞台は1958年のアメリカ合衆国。大学を卒業したばかりのノーヴィル・バーンズは、ニューヨークに出て職探しに励む。経験の無さからなかなか仕事が見つからなかったが、ようやくハッドサッカー社の郵便室に職を得た。
一方、ハッドサッカー社の社長ウェアリング・ハッドサッカーは、何を思ったのか会議中に重役室の窓から身投げをしてしまう。取締役シドニー・J・マスバーガーはこれを好機と見て会社の買収に動き出す。会社の株価を下げるため間抜けを社長に据える必要の出たマスバーガー。そんな彼が新社長に選んだのは、青二才のノーヴィルだった。
Wikipediaより参照

ちなみに、ノーヴィル・バーンズにはあるビジネスのアイディアがありました。
それは映画の中で確認して欲しいのですが、彼はどんな逆境にあっても自分のアイディアを信じていました。
他の社員からは郵便配達をしていると馬鹿にされ、同僚からはアイディアを鼻で笑われ、それでも信じている。
最終的に、彼は成功を収めるのですが、それまでの彼の生き様がとても好きです。

ノーヴィル・バーンズはひょんなことから社長になり自分のアイディアを実現できましたが、世の中にはなかなかアイディアを持っていても、自分の置かれている境遇からなかなか実現できない人もいます。
人によっては墓までアイディアを持って行ってしまう人もいるでしょう。

まあ、何が言いたいかというと、自分を信じて頑張っている人は応援したくなるってことです。
ボクに出来る事があれば出来る限りサポートしたいと思う訳です。
アイディアを持ち続ける事は意外に難しいかもしれません。
それでも、めげずに人生を戦って欲しい訳です。
努力した人全てが報われる訳ではないですし、人によっては運が必要だと言う人もいますが、ボクは自分を信じる事と、支えてくれる人が大切だと思います。
みなさん、これからも自分を信じて頑張ってください。
ボクはたとえ主義主張が違っても頑張って前に向かう人を応援・サポートします!

コメント

このブログの人気の投稿

【Guitar】ムスタングを改造しよう!その2(ピックアップの交換)【Fender Japan MG73/CO】

【Guitar】ギター買いました。Fender Japan MG73/CO

【機材レビュー】Fulltone / OCD