【Effector Review】Mad Professor / "1"

月末恒例機材レビュー第4弾。

前回に引き続き、今回も所謂ブティック系です。
ブティック系は人柱的な要素が強いので、なるだけフラットな視点でのレビューを心がけようと思っています。
ですが、今回の製品は少し毛色が違うので、好き勝手にレビューしようと思っています。
理由については後ほど。

今回のレビュー対象はこちら。
Mad Professor / "1"



Mad Professorと言えば4〜5年前にでて来たブティック系でもそこそこ名の売れたメーカーですね。
結構マテリアルにこだわっているようで、値段もそこそこ高いです。
このエフェクターにこの値段を払えるか?という強気の値段設定でもそこそこさばけているようで、いろんな楽器屋さんで見かけますね。
ただし、今回のエフェクター"1"はアメリカの楽器屋さん限定発売のため、手に入れるのがちょっと面倒です。
しかも、その楽器屋さん(Guitar CenterMusician's Friend)は日本への発送をしていないので、購入するにはそれなりの手順が必要です。
購入までめんどくさいので、あまりおすすめはしません。
購入したい方は個人輸入代行のJISA等を利用したりしましょう。
以上の理由から今回は好き勝手レビューします。

この"1"はかの有名なギタリストEVHのあのブラウンサウンドを再現したペダルだそうです。
こういううたい文句のペダルは、例えばCMATMODS Brownieとかが有名ですね。
分類としてはディストーションでしょうかね。
中はこんな感じになっています。


このペダルの肝は、ディストーションにReverbが付いている事です。
上の写真に4つノブが付いているのが分かりますが、左上がREVERBノブになってます。
「ReverbついててもDecayとかToneとかいじれなかったら意味ねーよ。」
と思ったあなた。
一応基板にTIMEとTONEの設定がいじれるトリムが付いています。
(下の写真の穴の中にプラスドライバーを入れると設定をいじれます。)

簡単に設定がいじれなくなっているのは、ある程度自身を持ってチューニングをしている証拠でしょうね。
個人的にはこういうところは好印象です。

音は確かにEVHっぽいしっとりとしたディストーションですね。こういうサウンドを求めている人には良い選択肢になりそうですね。
音像はミッドがしっかりと出ていて自分の好きな感じです。
また、このペダルのToneにあたるのがPRESENCEでこいつをギターやアンプの状況に合わせてあげていくと音抜けがしっかりとしていていいですね。

他のペダルとの相性はそこそこいいです。
というか、前にオーバードライブをつなげてあげてゲインブースとしてあげると、普通にゲインをあげた時よりもむっちりとしたサウンドになるのでオススメです。
ただし、このペダルの後にはReverbが入ってしまうので、その後に繋ぐエフェクターにはちょっと気を使ってあげた方がいいかもしれませんね。
後に他のドライブペダルとか入れてしまうとリバーブ音も濁ってしまうので。。。
まあ、敢えて何か違うエフェクトを足して独創的な音を作り上げるのも良いかもしれませんが。
めんどくさい事が大好きなあなたには、個人輸入で購入しても良い気がします。
値段も$199ですし、最近円安になったといっても、国内販売額と比べてもそこまで高くないですしね。
あと、個人的な好みを言うとこのペダルめっちゃ好きです(笑)
Brownieも買ってみようかなぁ。

最後にいつものチャートと動画を置いておきます。

私的評価
chartPlextortion
総合力:7
費用対効果:5
普及率:1
汎用性:6
操作性:6













最後に動画です。参考になれば幸いです。
来月はブティック系から離れます。(予定) 何かレビューして欲しいエフェクターがあったら、右の連絡フォームからご連絡ください。

コメント

このブログの人気の投稿

【Guitar】ムスタングを改造しよう!その2(ピックアップの交換)【Fender Japan MG73/CO】

【機材レビュー】Fulltone / OCD

【Guitar】ギター買いました。Fender Japan MG73/CO