【YouTube】今更だけど、YouTubeにアップした動画の音が酷い

動画を撮ってる時は結構一生懸命ギターを弾いていたりするので、あまり他のところに意識が向いていないのです。
そして、クリーントーンがまあまあいいから「これでいいか!」と思っていたのも事実です。
でも、ふと自分の撮った動画を見直してみると、酷すぎますね。。。

例えばこっち
これを改めて聞いたとき、愕然としましたよ。。。

何がまずいんだろうか? そもそも、"ギター→エフェクター→オーディオI/O→Mac"という流れが録音環境としてはダメなんだろうか。。。

そんな事は無い。
この環境でいい音を撮っている人も居るはず。。。

じゃあ、Amplitube(ギターの音を加工してくれるソフト)の設定がまずいのだろうか?

という事で、もう一度設定を見直してみる事にしました。

まず、ボクの普段の録音環境がこちら。
Fender Twin Reverbをフラットセッティングにしたもの。  
というか、これ自体特に設定するような事はないんだが。。。
普通にアンプの設定するだけだし。

次に見たのがこの画面。
キャビネットの設定と、マイクの設定画面。
  
ちょこちょこといじってみると、、、

これだーーーー!!
 マイクの設定で全然違うんだがーーーー!!

高音の出方とか、低音の主張の仕方とか少しいじっただけで劇的に変わります。
今まで全然この画面意識してなかったわ。
しかも、ちょっと触るだけで全く印象が変わってしまうので難しい。
しかもマイクの種類が多い。
それだけではなく、ルームマイクの設定でも印象やリバーブ具合が変わるのでこれは時間がかかりそうだわ。

という訳で、今月末の動画アップにはいいものが上げられるように頑張ります!

コメント

このブログの人気の投稿

【Guitar】ムスタングを改造しよう!その2(ピックアップの交換)【Fender Japan MG73/CO】

【機材レビュー】Fulltone / OCD

【Guitar】ムスタングを改造しよう!その1(コンデンサの変更)【Fender Japan MG73/CO】