飽食の時代、肥満の時代


去年の今頃、体重は45kgくらいでした。(ボクの身長は160cm未満)
今は55kgあります。
10kg増えました。
ブクブク太ってます。
昨日、ワイシャツの首が苦しかったです。
ちなみにボクの体格は特殊なので、ワイシャツはいつも伊勢丹でオーダーしてます。
結構お金かかるんだよね。

体重が増えるって言うのは、食事がおいしいってことだ。今は京都に住んでるけど、京都のご飯はとっても美味しい。家の側の商店街で京野菜を売ってるのはすごいと思います。
そんな訳で京都でお買い物をするのは大好きです。住んでる地域ににお金を落とすのは社会人としてのたしなみですよね。

ジョギングとかして体力付けたりしたいんだけど、一昨年馬鹿みたいに運動していたせいか、左ひざが馬鹿になっていて走ると激痛が走ります。
「走る」と「走り」をかけている訳じゃないです。

極端ではない限り、生きていて調子がいいとついつい食べ過ぎちゃいますよね。
飽食の時代というのはまさにこれだと思います。
こころにゆとりがある証拠だよね。ゆとり世代のせいで「ゆとり」が悪い言葉のように聞こえてしまいますが、ゆとりっていいですよね。
ボクは好きです。

家で筋トレとか始めようかと思います。
飽食の時代であっても肥満ではいたくないものです。

コメント

このブログの人気の投稿

【Guitar】ムスタングを改造しよう!その2(ピックアップの交換)【Fender Japan MG73/CO】

【機材レビュー】Fulltone / OCD

【Guitar】ギター買いました。Fender Japan MG73/CO