投稿

2月, 2013の投稿を表示しています

【機材レビュー】Fulltone / OCD

イメージ
機材レビューします。ネタがつきた訳じゃないです。

たまにはいいじゃないですか。

今日のネタはこちら。
Fulltone OCD



※スイッチの周りに貼っているのは畜光シールです。ライブなどの暗がりで光って踏む場所が分かります。

正式名称はOBSESSIVE COMPULSIVE DRIVEって言うらしいです。
それにしてもBloggerにしてから画像貼ったりするのが快適になりました。いい感じです。

とにもかくにもこのOCDというエフェクター、一時期信じられないくらいはやったそうで、(ボクはその時期を知らないのでよくわかりません)みんなこれを使っていたそうです。
ボクの周辺に限って言えば、一番使われていたのはXoticのAC Boosterだとおもいます。
かく言う私も・・・

それでなんとなくこのエフェクターの存在を知ってはいたのですが、今まで使う機会がありませんでした。

購入したのは去年の年の瀬。
実はライブはおろかスタジオですら音を出した事が無いです。

そんななかレビューというのもおこがましいですが、最近は自宅の録音でめちゃくちゃ使ってます。

感じとしてはとても暑苦しい音ですね。
ゲインを上げると音圧が上がるように聞こえますが、相対的に低音が前に出てくるので抜けが悪くなる感じです。位置づけとしてはソフトディストーションらしいですが、ディストーション特有のエッジ感は皆無ですね。
ハイゲインオーバードライブでいいでしょう。
古いロックの暑苦しくて野暮ったい感じです。
個人的には岩のような音の固まりが何個も飛んできてゴリゴリこすり合わさっているような感じがします。
HIWATTアンプの歪みに若干近い感じがします。音の作り方によってはピートタウンゼントのような音も出せる!と思います。

基本的に低音が出過ぎてしまうエフェクターなので、うまい感じに高音を主張させてあげる音作りをしてあげるとベースと喧嘩しないのでよいと思います。
この手の低音が出る歪みを初心者が使ってしまうと、得てして低音ばっかり出してしまう音を作りがちですが、ベースの方を労って尊重してあげてください。

「ギターの低音なんて飾りです。ガキにはそれがわからんのですよ。」

そんな事をしみじみと感じさせてくれたエフェクターでした。

私的評価
総合力:7
費用対効果:4
知名度:8
汎用性:6
操作性:8












追記!!2013-03…

【考察】はたしてMacBook Air 11は買いなのか?

イメージ
今の使っているのはMacBook Pro 13。 全くと言っていいほど不満は無いです。 なにせ去年の今の時期に前のMacBook Proがご臨終されて購入したまだまだ現役のラップトップです。
DTMにも写真編集にも全くパワー不足を感じません。
PowerBook G4時代からAppleのラップトップを使っていますが、ここまでサクサク色々なアプリケーションが使えるのは初めてかも知れません。 時代は変わった、というよりはソフトウェアが要求するスペックの上昇率より、ラップトップの進歩が早かっただけでしょう。 昔よりは「数年前のパソコンはゴミ。」というような風潮は感じられません。仕事でまだWindows2000を使っているところもあるみたいですし。 仕事に限定すれば、メディア系でもない限りローカル上で重いファイルを扱う事もありませんしね。
それならiPhone一つで十分なのでは?と思われる方も居るかもしれませんが、iPhoneでは物理キーボードが無いので文字を打つのが億劫になります。それに作業スペース(この場合は画面サイズ)が小さすぎてユーザビリティが優れているとは思えません。 そんな訳で、iPhoneのメールはMacのMailにもIMAPで同期出来ているので返信を家に帰ってする事が多いです。 iPhoneでやる事のほとんどが数タップすれば完了できるTodoやライフログを取る事、クラウドに上げた情報を見る為だけの外部端末のような感じです。
かく言う私も、このブログを書く為にテキストエディタがあればいいだけですし、ネット環境がありEvernoteにメモをアップロードしたり、Bloggerにネタを下書きを残したり公開できれば何も困りません。
閑話休題
前置きが長くなりましたが、以前の記事でも書いた通り私もスタバでどや顔Mac派です。 本を読んだり勉強をしたり、こういうブログのような物書きをするときに喫茶店を利用すると意外と捗ります。喧噪が好きという訳でも家だと誘惑が・・・という訳でもなく、喫茶店特有のあの感じが居心地が良いのかもしれません。 集中力が高まる感じがします。
その場合、今使っているMacBook Pro 13を喫茶店に持ち込むので一つだけ困った事があるとするのならば、若干重いという事です。 Appleの製品ラインナップの中でこれより軽い物はMacBook AirかiPad、iPhoneくらいです。 …

Dropboxという名のスルーボックス

イメージ
最近知名度が上がってきました。クラウドサービス「Dropbox」。

周りに使っている人が居ないのであまり昨日をフルに活用できていないのですが、最近バンドの音源を配るときに利用させていただいております。
アカウント同士で共有フォルダの要に使える機能がついているので、ある決められた人とファイル共有等をする時は非常に便利です。
ネットワークストレージを立てても、結局のところそのネットワークに接続していなければファイル共有は難しいです。 以前はwinnyやshareといったファイル共有ソフトが流行っていましたが、今はクラウドでプライベートな環境を維持しつつ共有できるというのは素晴らしいですね。
左の画像の様にDropboxフォルダが出来てその中にぶち込んだファイルはすぐにクラウドに同期される仕組みです。
ボクは普段iPhoneで写真を撮ったときにDropboxに写真をアップロードして、ここから写真管理ソフトに取り込んでいます。
本来iCloudというAppleのサービスにフォトストリームという機能がついているのですが、ボクは使用していません。
なぜかというと、そもそもMacのiPhotoと利用していないからです。

iPhotoを使用しているユーザなら以下のフローを取ると思います。 iPhoneで写真を撮るフォトストリームでiCloudへiPhotoを立ち上げてフォトストリームから写真を取得
ボクはAdobe Lightroomユーザなので以下のフローになります。 iPhoneで写真を撮るDropboxに写真を上げるMacで同期したフォルダからLightroomで写真を取り込み
※Lightroomの取り込み用画面
これが結構簡単にいくのでとても助かっています。 フォトストリームは気がついたらiCloudへ同期されていたり、タイミングが分からない時がありますが、Dropboxは立ち上げた瞬間から同期してくれるのでその点分かりやすいです。
それと、基本アナクロな人間なのでちゃんとワンステップ踏んでくれると安心できます。
現在、私は以上のような、音源の配布や写真の取り込み用のスルーボックス用途がメインです。
どなたか他にDropboxの有効な活用方法があったら教えてください。


今後、こういったサービスがどうなるかは分かりませんが、いつかSVNみたいな使い方も出来るようになると幅が広がるかもしれませんね。

そういえばベース買ったんすよ。

イメージ
今月?に大学の後輩君に連絡してベースについてあれこれ聞いてみました。
なんとなく万能なベース、ありきたりなベースを探していました。
出来れば中古で3〜4万円くらい。

そんな感じでみて行くと「やっぱりジャズベかなー?」って思っていました。

Googleで「初心者 ベース 選び方」みたいな感じで調べてみたり。そんなことをしていたらG&LのL-2000というベースがある事を知りました。

ボクのギターはそこまでごりごりしてないし、シングルコイルの繊細で空気感のある音が好きなんです。
だからかベースにはゴリゴリ感を求めてしまうのです。
L-2000はハムバッカーという機構でゴリゴリした音を出してくれます。

さらに、L-2000はアクティブピックアップ。
分かりやすく言うと、電池を使ってベース内で信号を増幅・加工してくれるんです。
これによってベースから出力される安定します。
結果、ボクのようにギタリストがなんちゃってベースを弾きたい!となると使いやすくていいんです。
また、音を加工するタイミングで音色をいじれる範囲が広いのでいろんな音楽に使えそうです。

他にもL-2000は色々なスイッチがついていて、とても良いです。

ただ、USA製のL-2000はめちゃくちゃ高いです。
実売16万くらい?
そんな訳でUSA製は却下。
廉価版を探したところ、日本製とインドネシア製があるみたいでした。
日本製も中古7万円くらいで手が出ません。
結果、インドネシア製の中古にを買おうと思い立ちました。

ネットで色々と調べていい中古は無いかなー?と探していたところ、4万円くらいの写真のベースを発見に試奏せずに大人買い。

音はかなり使いやすいです。
以前の記事でSoundcloudに音源を上げましたが、あれで使っていたベースがこれです。
音色の作り方はかなりボク好みに仕上げています。

でもまだまだベースはダメですね。
これから練習したり音作りも考えていきたいです。

なにかアドバイスしてくれる方がいたらお願いします。

仁義無き斗争 ~深夜騒音篇~

「また隣の人が深夜(夜中の2時)に洗濯機を回し始めたよ。。。」

4年ほど前にそんな事がありました。

その当時、私は柴又に住んでいたのですが、真夜中に旧式でうるさい洗濯機をガンガン使う人が隣に住んでいたのです。
慣れない一人暮らし、慣れない職場。
当時はまだ大学時代の恩師に紹介していただいた会社に勤めていました。

外でご飯を食べて、家に帰る頃にはへとへと。
ちょっとインターネットやテレビを見て寝る。
早く今の現場を離れて実家に帰りたいと思いながら生活していました。

そんな時に、無慈悲な鉄槌。

普段温厚なボクでも、こればかりは多少頭に来ました。
朝起きてノートの切れ端に「夜中に洗濯機はさすがに勘弁していただきたい。(隣人より)」なんて文言を書いて、その人のドアに貼付けたりもしました。

それからしばらくして、一週間のうち平日の夜2〜3回の頻度で回っていた洗濯機が1回ほどに減ったのでまあ多少は目をつむるようにしました。


〜〜それから4年後〜〜


場所は変わり京都。
ボクの住んでいるところは夜になるとほんとに静まり返る、とても閑静な住宅街です。今の住居も騒音に配慮した作りになっていて、隣近所の生活騒音は全く聞こえません。

ただし、一つ難点を挙げるとするならば、上の住人が月に一回ほど夜中にパーティーを開いているっぽい事です。
今住んでいるところは学生が多い地域で、ボクのマンションも住んでいるほとんどの人が学生です。(そこそこ家賃が高いのに、彼らはどうやって生活しているのでしょうか?良いとこのご子息なのでしょうか?)
最近は大学の試験が終わったのか至る所で学生がウキウキしています。
スーパーに行くと高確率で鍋の具材を買い出しにきている集団と出くわします。
そんな訳で、パーティーの盛り上がり度は大変です。
とっても楽しそうなのでボクも参加したいのですが。。。

京都に来てからまだ半年。一緒に鍋をつつける友人がいません。。。

学歴ロンダリングってなに?美味しいの?

お昼を外で食べていたら近くの席に座っている男子学生?院生?が後輩と思しき女の子に向かってこんな事を言ってました。
男「あの人は別の大学から学歴ロンダしにきてるからね。正直使えないよ。」
女「ガクレキロンダ??」
男「学歴ロンダリング。レベルの低い大学からうちみたいな評判のいい大学に来る人の事だよ。就活ばっかり頑張って、全く実験しないから本当に消えてほしいわ。」
(´・ω・`)・ω・`) キャー、コワイワー
/  つ⊂ \


ボクもそんな言葉いまの今まで知りませんでした。それを聞いてすぐにiPhoneで調べてみました。
結構Hit数が多くてビビりましたよ。
高学歴の大学生ってこわいわー。
というかそんな風に見る社会がこわいわー。

うちの大学からT京医○歯○大学に行ったT君もそんな風に見られちゃうのだろうか。
悲しくなりますね。
彼は元気にやっているのだろうか。。
卒業が一緒のタイミングだったので懐かしくなります。
そもそもこんな事になったのは大学院の試験レベルが低く誰でも入学できてしまうせいだとか。でもそれなら逆に学歴ロンダの意味がなくなってしまうような気がするんだけど。だって調べたらすぐにロンダリングしてるってばれるじゃん。学歴重視する会社や面接官ならそんなことすぐに調べるでしょ。
それに学歴ロンダリングをして学歴志向の会社に入っても、高学歴というレッテルを貼られてしまうのだから逆にハードルが高くなる。はず。

そもそも別の世間一般的に学歴の良い大学院へ行く人全てがロンダリングしてる訳でもないですしね。

学歴コンプレックスを持つ人がロンダリングなんていう事をやるんでしょうかね。
ボク自身も学歴コンプレックスが無い訳ではないのでわからないではないです。

人間とは自由な生き物。言葉や枠組みにとらわれているのは悲しい事だと思うのですよ。ボクは。

ボクの出した結論。
「学歴ロンダリングは美味しくない。色眼鏡で見られる事もあるかもしれないが、最終的には自分次第。」

スタバでどや顔Macは根絶できないのか?

イメージ
はっきり言ってしまえば、ボクもどや顔してる訳ですが、それにしてもどや顔Macさんはなんで揃いも揃ってキーボードを思い切り叩くのでしょうか?
それと、なぜあんなにもキーボードを打つのが下手なのでしょうか?
まあ、下手と思うのはボクがIT関係の仕事をしてたせいで辛口なのかもしれないです。

今日となりに座っていたどや顔iPadさんはBluetoothキーボーをパチパチ鳴らしてました。
5〜6文字打ったと思ったら、[Backspace][Backspace]。
再び数文字打ったら、[Backspace][Backspace]。
文字を書きながら推敲しているというよりは、打ち間違ったところを修正しているような感じ。しかも、やっている内容がFacebookだったので可愛くみえちゃいました。

よくよく、どや顔さんたちをみていると、ブラインドタッチの人少ないですね。。。
これはこの地方特有なのでしょうか?
東京の人はもう少し上手いのでしょうか?
これは帰省した際の楽しみが増えましたね。
観察せねば!

服装も学生が多い感じがしますが、まあ京都は学生の街ですからね。そんなもんかもしれません。

ちなみに、一番びっくりしたどや顔さんは隣で電話を使い、大きな声で商談か打ち合わせを始めた事でした。

大きな声で取引先と自分の名前、所属を言わないでーー!!

ボクの出した結論
「スターバックスでどや顔したい人の8割は初心者、もしくは童貞。初心者と童貞は誰もが経験するものなので根絶は無理です。」

BloggerにFacebookコメントを追加する(HTML5版)

イメージ
Bloggerの記事のコメント欄にFacebookのコメント欄を追加したい。
きっと誰もコメントしてくれないだろうけど、あるとちょっとかっこいいじゃないですか。
いい感じだと思うんですよ。

という事で調べてみました。

Facebookのコメント欄を追加するにはSocial Pluginsという物をブログに埋め込めば良いらしい。
http://developers.facebook.com/docs/reference/plugins/
ここのCommentsリンクをクリックして次の画面に進みます。















すると以下のような画面が出てきます。
[URL to comment on]のところにコメント欄を追加したいURLをいれます。
[Width]は読んで字のごとく幅ですね。
[Number of posts]はコメントの表示数です。
[Color Scheme]はコメント欄の色を選べます。白っぽいのか、黒っぽいのです。
入力後、[Get Code]ボタンを押下すると次の画面が表示されます。





今回はHTML5版を設置したいので、上のボタンは[HTML5]が青くなっていれば良いです。
実はこれを書いてあるところにぶっ込めば良いような気がするのですが、記事毎にコメント欄を追加しなくては鳴らない場合、そうは問屋が卸さない訳です。







ここで少しコードをいじらないといけない訳ですが、以下のブログを参考にさせていただきました。多謝です。
http://world-wide-wave.blogspot.jp/2011/10/bloggerfacebookhtml5.html

で、以下の様にコードをいじりました。
<!-- add start facebookComments 2013.02.12 --><br /> <b:if cond='data:blog.pageType == "item"'><br /> <div id='fb-root'/><script>(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) {return;} js = d.…

試験勉強と睡魔の聖戦

イメージ
試験勉強が全くと言っていいほど捗りません。
仕事が忙しい、疲れる、時間がない、というような言い訳を書いてると自分が情けなくなりますね。


そもそもボクは試験勉強が苦手です。

普通の試験勉強と言えば、上から下にテキストを読んでいったり、苦手なところを重点的にやろうとしたり、模擬試験をやったりしますよね。
ボクはなぜかいつも勉強をするとこんな感じです。
途中で気になった事があると調べないと落ち着かない。調べ始めたら止まらなくなる。気がついたらあっという間に時間が過ぎている。いったい何が悪いのでしょうか?
たまに「子供みたいに集中力がつづかないのね。」って言われる事があります。
いや、ほんと、全く否定できません。。


それ以上に問題なのが睡魔との戦いです。
上の瞼と下の瞼がFallin Love。
二人を引き裂く無慈悲なボク。
カフェインが二人の間を阻むけど、
結局最後は熱い抱擁。
ハッピーエンドで一日終了。。。ポエムが出来ました。。。orz

Soundcloudをもう少し頑張りたい

イメージ
登録したのは意外と前だったんですが、最近になりようやく始めましたSoundcloud。
今やっているバンドのデモ作成でいじり始めたんですが、今まであまり本気にDTMとかやっていなかったので、正直言ってまだまだな感じがします。


ちなみに、今回作った曲はバンドの子に歌詞をいただいてそこからイメージして作ってみました。

これからもっともっと良い曲を作っていきたいのですが、その前にピアノをもう少し上手くなりたいですね。

そんな訳で、買ってみました!
Daniel Powterのピアノ弾き語り!!

これで頑張ってピアノをやっていくのです!!!

また何かあれば、この場でどんどんと作った音源を上げていきたいと思っているのですが、正直今月は勉強で忙しくなりそうなので、当分先になると思います。

今後曲を作るならTravisみたいな曲が作りたいなぁ、と思う次第です。
バンドの他のメンバーはもう少しロックな感じが好きみたいですが。。。

ボクが音楽を作るときにはある程度、完成像をイメージできていないと厳しいんですけど、今までバンドでピアノと一緒にやった事が無いので、本当に曲作りが難しいです。でもそれが楽しかったりするんですよね。
どなたかピアノのいるバンドでおすすめがあったら教えてください。

さぁ、勉強しなくては。。。

結局ホスピタリティってなんなの?

ホスピタリティを話す上でよく話題に上がるのが「サービスとホスピタリティの違い」ですね。
サービスの語源、みたいなのはよくネット上で見ますが、要約するとお客様に使える「主従関係」が根本にあるそうです。 この場合、主と従の間に感情は発生せず、料金に対する対価を与える仕事、ということになるのですかね? ホスピタリティの方は、思いやり・おもてなしを重視するという事らしいです。相手を歓待するってことですね。
観光業・飲食業・医療・福祉の現場では、近年ホスピタリティって言う言葉を重視する傾向があるそう、というかホスピタリティ業界という物にくくられるらしい。
言葉を細分化して目的を明確にするのは、伝えたい内容がはっきりとするため良い事だと思います。例えばサービス水準って言うのは業界やお店ごとに違う物だから、「あのお店はホスピタリティが高い(を重視してる)けど、こっちはサービスに徹している。」って言う風に使い分けると相手に伝わりやすくていいかもしれませんね。
でも日本にあったサービスという言葉は、元来思いやりとかおもてなしを含んでいたような・・・?
個人的な疑問として、ホスピタリティという言葉をどうして使うようにしたいのでしょうか? うち(会社や国、業界)はホスピタリティが低い(もしくは人によって水準がまちまち)。だからこの言葉について考えてもらい、深く浸透させたい。ホスピタリティという言葉が一般化している。共通認識をもつためにこの言葉を広めたい。ホスピタリティという言葉を流行らせることによって一時的な経済効果(書籍・セミナー等)をねらう。願わくば一つの市場を作りたい。
次の疑問、結局ホスピタリティって言葉を使ってその後何がしたいの?
これは人それぞれかもしれませんね。
でも、なにか新しい言葉を使い始めるときにはその先の事に思いを馳せる必要があるような気がします。
今まで「サービスマン」と自称していた人たちがそのうち「ホスピタリティマン」と言い始める日が来るのでしょうか?
それはそれで面白そうですね。

BloggerのiPhoneアプリを使ってみる

イメージ
BloggerのiPhoneアプリをインストールして見たので試しに使ってみます。

えぃ!

Bloggeを選択


[新しい投稿]を選択

適当な写真を選択して















投稿画面から実行
ここでラベルや位置情報写真を選択します。


簡単に投稿できました。
FC2ブログはこの点全然だめでした。
簡単に投稿できるし、画像のアップロードもとてもスムーズ。ユーザインターフェイスも分かりやすくてとても良いと思います。

BloggerとTwitterを連携させたい!

イメージ
FC2ブログはデザインが本当に酷くて、いちいち投稿しようとするたびにストレスがたまってしまいました。特に画像関係や記事の管理が酷かったです。
結局今月からBloggerにお引越をした訳ですが、FC2ブログにあってBloggerに無いもの。

そうTwitter連携機能です。

現在、Twitter→Facebookと連携が行われているので、Twitterでつぶやくと自動的にFacebookに反映されます。
Blogger→Twitter→Facebookと玉突き的に連携できれば、Facebookに情報を集約する事がスムーズに出来そうです。
でも、ボクのタイムラインがとんでもなく頻繁に更新されてしまうのは如何なものか。。。

取り敢えず、何かいい方法は無いかとネットをぐるぐると回っていたら、以下のようなRSSを読み込んでつぶやいてくれるサービスがあるみたいですね。
Friendfeed
Twitterfeed
ここら辺が有名どころみたいですが、どっちにしようか悩んだ末、Twitterfeedにする事にしました。

---------------以下、備忘---------------

[Register]をクリックして先に進みます








メールアドレスとパスワードを入力します。







[Feed Name]にブログの名前、[Blog URL or RSS Feed URL]に設定したいブログのURLを入力します。








Advanced Settingsで色々と細かい設定が出来ますが、デフォルトの設定で問題ありません。








Available Servicesでサービスを選択します。今回はTwitterですね。








最後にTwitterとTwitterfeedを連携させます。








これで、Twitterに自動で投稿してくれるようになります。
つぶやく投稿のチェックは間隔は30分ですが、このくらいでいいでしょう。
逆に間隔が早すぎると、色々と障害が出そうですし。

アフィリエイトってどうしたらいいんだろう?

別にアフィリエイトでお金を稼ぎたい訳ではありませんが、このブログにも広告(アフィリエイトリンク)を付けてみました。
リンクから買ってもらわないと報酬が発生しないため、ボクみたいなただ日記を書いているだけのブログからはまず報酬は発生しないでしょう。
他にはGoogleAdSenseというクリックしてもらうだけで報酬が発生する物もあるみたいです。

一時期、ステマとか色々話題になって「アフィリエイト広告による収入で生活できる人もいる!!」というのが世間一般に認知されたのではないでしょうか。
最近、NHKでYouTubeから報酬をもらっている人の話しをやっていましたね。

こういう事にあまり積極的に関与してこなかったのですが、世の中の仕組みを知る為にちょっとの間、広告を掲載してみます。

アフィリエイトで儲けたい人もいるでしょうし、アフィリエイトが何か分からない人もまだまだ大勢いると思います。ボクももう少し勉強して次記事を書くときにはもう少し有用な情報がかけたら良いんでしょうね。

この有用な情報という記事を書かないといけないって思い始めた時点であなたはアフィリエイトにハマっています。きっと。

ボクは今まで通り、日々の日記を書いていくだけです!

ノマドって何だろう?

このブログ(http://blogos.com/article/55685/)の定義によれば今のところボクはノマド的社会人という事になるんだろう。
2〜3年単位で会社を移っているし、正にその通りです。
でも今の会社は好きです。
というか、今の職場・上司・先輩方が好きです。
良い会社に巡り会えたなあと思う次第です。
これから先、もっとよくなったり、逆に悪くなったりするかもしれないですけど、それもまた人生。楽しい人生だと思えるのではないでしょうか?

ボクは所謂IT業界から社会人になり、今はITだけどITじゃないIT寄りで端から見るとITの仕事をしています。
IT業界の人ってノマド的仕事人間が多いなぁというのが個人的な感想。
大きな会社になれば終身雇用もある程度保証されてそうなので、所謂サラリーマン的な人が多くなるような気がしますが、中堅以下の会社に勤めている人は雨宿り的な感覚で会社に属している人が多そう。
あくまでもボクのイメージだけど。
そういった意味で、IT業界って言うのは雇用形態でも時代の先に進んでいるのでしょうか?
IT業界は完全なフリーランスで活動している人も大勢いるし、人生の選択肢は終身雇用一つじゃないんだなと思えます。

ボクがノマド的社会人だとするなら、結局のところ自分のスペシャリティを向上されていかなければ、何年後かには仕事からあぶれてしまう訳で死活問題です。
日々向上心を忘れず生きていかないといけないんだろうな。
でも、それが楽しいし、今の環境は刺激的。
WLBも良い感じだし。
自分の歴史の中で「京都時代」という物が出来つつあり、それは一種のバラ色なんだと思います。
パッションピンクかな?

次の「〇〇時代」に入った時にも生きてる実感を感じたいものです。

着実に匍匐前進

今週はイベントが盛り沢山でした。
再来週も盛りだくさんです。
つまり忙しいという事です。
でも24日は簿記の試験なのです。
勉強時間が全く足りていないのです。
今の心境はとても焦っています。
焦燥感がはんぱないです。
でも、こんなときだからこそ一日一日を大切にしっかりと前進していかないといけないのです。
ポジティブに考えていかないといけないのです。
着実に前進していきます。

ちなみに、今日はバレンタインでしたね。
一昨年くらいから自分の中で逆チョコブームが来ていましたが、今年もしっかり渡しておきました。
女子力が高いと褒めていただいたのですが、これは喜んで良いのでしょうか?
むしろこれは女子力を上げていけという周囲からのプレッシャー???
今年はいっぱい家にチョコがあって冷蔵庫の中は食材よりチョコの方が多いです。
これは喜ぶべき事なのでしょうか?

週末は勉強漬けになると思うので、糖分は助かるのです。

ちなみに、今年の夏休みの予定が決まりました。
友人宅に遊びにいきます。
今から楽しみです。

飽食の時代、肥満の時代

去年の今頃、体重は45kgくらいでした。(ボクの身長は160cm未満)
今は55kgあります。
10kg増えました。
ブクブク太ってます。
昨日、ワイシャツの首が苦しかったです。
ちなみにボクの体格は特殊なので、ワイシャツはいつも伊勢丹でオーダーしてます。
結構お金かかるんだよね。

体重が増えるって言うのは、食事がおいしいってことだ。今は京都に住んでるけど、京都のご飯はとっても美味しい。家の側の商店街で京野菜を売ってるのはすごいと思います。
そんな訳で京都でお買い物をするのは大好きです。住んでる地域ににお金を落とすのは社会人としてのたしなみですよね。

ジョギングとかして体力付けたりしたいんだけど、一昨年馬鹿みたいに運動していたせいか、左ひざが馬鹿になっていて走ると激痛が走ります。
「走る」と「走り」をかけている訳じゃないです。

極端ではない限り、生きていて調子がいいとついつい食べ過ぎちゃいますよね。
飽食の時代というのはまさにこれだと思います。
こころにゆとりがある証拠だよね。ゆとり世代のせいで「ゆとり」が悪い言葉のように聞こえてしまいますが、ゆとりっていいですよね。
ボクは好きです。

家で筋トレとか始めようかと思います。
飽食の時代であっても肥満ではいたくないものです。

やる事はたくさんある

そう、やる事はいっぱいあります。

簿記の試験あるし、会社に買ってもらった本を読まなきゃだし、明日までの期限の仕事もあるし、今週中までに終わらさないといけない仕事もあるし。

でも、前職では経験できなかったマルチタスクをこなしていくっていうのが意外と自分には合ってる気がした。
最近はTodo管理が結構すきです。
ボクが使ってるツールはToodledoです。
英語のサイトなんだけど結構使える。
ステータスとか細かく設定できるのが良いね。

英語を見るたびに英語の勉強をしないといけないのを思い出すのです。。。
頑張ろう。

他にはライフログとか取ってたりします。
一日を振り返ってみると意外と楽しい!
ボクが使ってるのはEvernoteと連携できるiライフログ

こうやってやる事を整理して頑張るのです!!

心機一転

心機一転
ブログを再開する事にします。
目標は出来る限り書く事。
それ以外の目的は特になし。

さて今日はここまで。